今までを振り返って

 

今日は仕事を早く上がることがゆっくりにゆっくり考え事をできる時間がありました。

 

すると自分は今まだ人のためばかり生きてていつの間にかただの真面目人間になってたなーと思いました。

 

私は小さいころはやんちゃで人の話を全然聞かない厄介な子でした。しかし、やはりそういう子色んな人に沢山おこられ洗練をうけてきました。そうすることで良くも悪くも個性があった子も量産型日本人が完成してしまいます。

 

確かに相手の事を思って生きていくことも大切です。しかし、それが過剰になりすぎてしまうとただ人のために生きている人になってしまうのではないかと思います。もっと自分のために生きて、生きているだけで立派くらいが丁度いいのではないでしょうか?

 

生きていくだけでも大変なのにそこから社会人としてのマナーだとか禁酒、禁煙が美徳だの色々なしがらみが日本には多すぎてそういうのを気にしすぎるとただの量産型日本人になってしまいます。

 

自分は今どうしたいか、どう生きたいかをもっと問いかけていいと思います。

そうするばもっと生きやすくなる人はきっと増えます。

 

少しでも最近しんどいなーと思った人は一旦立ち止まって自分に問いかけてみてくださいそうするば少しは楽になると思います。

 

自分を信じる

今日は仕事がお休みで久々に母とゆっくり話しをしました。そしたら母はもっと自分の考えを信じなさいと言われました。

 

自分はどうやら小さい頃から変わってるらしくみんなが出来ることが自分だけできないということが多々ありました。

 

正直今の職場は年功序列や規則が厳しく辛いと思うことが多かったです。まだ入社して半年ですが自分の色々な思いを殺して続けてきた気がします。

 

私は破天荒な性格らしいのですが色々経験を得て普通の人になろうとしている自分がいる、それを打破しようとしてもいまいち自分の考えや行動に自信が持てないことに苦しんでいました。

 

それらのことを今日母に言われもっと色んなことをチャレンジしてみようかなと思いました。

正直今の自分の特技や強みはわかりませんが色々やってみようかなと思います。

 

 

 

 

日本の社会は無駄な事が多いと思う

 

こんにちはペッパーです。

 

働き初めて5ヶ月目正直もうストレスでやられそうになっています。

 

何故か日本の社会は変な拘束が多いと思うんですよね、無駄な残業、スーツ出勤が常、休みたいと言いづらい職場の空気。

 

私にとってはどれも仕事ちゃんとやっていればそのくらいどうでもよくね?

 

って思ってしまう、むしろこれらをちゃんとやることにすら嫌気がさします。恐らく私は社会に適合していないのかと思いますけど笑

 

なのでこういうことを当たり前にできる人は私はすごいなーと思ってしまいます。

 

私はただこういう規則がいやというわけではなくこういうのを無くしたらもっと日本人は働きやすくなると思いますし仕事も楽しくなると思います。

 

こんな社会人5ヶ月目のクソガキが言える立場ではないですけど最近思ったことなので書かせていただきました。

久々に書きます

 

お久しぶりです。ペッパーです。

最近は仕事の方が忙しくなりブログを書いていませんでした。

 

書きたい気持ちがあったのですが仕事が毎日朝から9時半くらいまであったため特に書くネタもなく、書きたいと思う気持ちも薄まっていました。

 

しかし、Twitterなどを見ているとどんなに内容が薄くても毎日書くことが大切と書いてあったので理由はよく分かっていないのですがこれからは毎日書いてみようかなとおもいます。

 

 

 

疲れたら休もう

 

 

こんにちはペッパーです。

 

みなさんは最近ゆっくり寝れていますか?

今回は睡眠や休憩について書いていきます。

 

1.日本人は睡眠時間が短い


f:id:harasiperc:20180701091807j:image

日本人は先進国の中でも睡眠時間が極めて少ないです。原因は、残業の多さ、通勤時間の長さが主に挙げられます。

 今社会人でバリバリ働いてる人は最近眠れなくて疲労が溜まってる人も多いかと思います。

そんな人はできるだけ早く寝てください!

 

そんなの分かってるし、時間がないんだよ

と思う方も多いかと思います。

しかしもし会社の残業などが原因で寝る時間を作れないのであれば私はその会社を辞めるべきだと思います。そのくらい睡眠は大切です

 

2.睡眠不足のデメリット


f:id:harasiperc:20180701091818j:image

睡眠時間を削ることは様々なデメリットかがあります。

・免疫力の低下

・増大するストレス

・鬱になる

・集中力の散漫

・身体がしんどくなる

 

ぱっと思いうかんだだけでもこれだけあります。人間これだけのことがあったらまず健康で幸せな気分にはなれないと思います。

とくに私は寝不足が続くと負の感情に対して敏感になります。すぐイライラしたり、起こられたりしたらすぐ落ち込んだり。こんなのが毎日続いたら確実に鬱になります。

睡眠時間を削るということはこれだけ危険なのです。

 

3.疲れたら日はすぐ寝よう


f:id:harasiperc:20180701091827j:image

皆さんは毎日忙しく大変だと思います。

人間特に忙しくてなくても会社に行ったりしたら身体は勝手に疲れるものです。人間そんなに丈夫ではありません。

なので仕事をバリバリ頑張るのはいいですがたまには自分の身体にも気を使って少しでもしんどいなとおもったら寝てください。

もし会社のストレスが原因で寝れない日がつづいているという人は今すぐその会社を辞めて下さい。そこまで自分を犠牲にしてまで働く必要は私はないと思います。

 

寝るということは体の一番の休息方なのでみなさん充分な睡眠を心がけて下さい

 

 

お金を持っていることが幸せではない

 
f:id:harasiperc:20180615093326j:image

こんにちはペッパーです。

皆さんはお金を持っている=幸せという考えはありますか?

もちろんそういう考えを持ってる人は少なくないと思います。

しかし!ここでいわせていただきます。

 

お金を持ってる=幸せではない

 

もちろんお金はあった方が心に余裕がもてますし、やりたいこともやれます。

では何が言いたいのかをこれから紹介していきたいと思います。

 

1.なぜ学生時代は楽しかったのか?


f:id:harasiperc:20180615093220j:image

新卒社会人は働きはじめてから口を揃えてこう言います。「学生の時は楽しかった…」

 

と、ちなみに私もそう思います。しかし、社会人になると学生時代よりも多くの給料が手元に入ります。

 

学生時代よりも財布が潤いやりたいことも出来るのに、みんな先程の発言をします。その原因はなんなのか?

 

それは時間です。やりたいことをできるお金はあるのにとにかく時間がない。残業を3~4時間すると大体仕事で1日が終わります。

更に休日も何かしたいけど疲れていてする元気がくなく1日家でダラダラして終わります。

 

今の社会人はやりたいことがあってもできる時間が少ないのです。

 

 

2.貧乏だったけど楽しかった学   生時代


f:id:harasiperc:20180615093234j:image

私は昨年度は調理師の専門学校を通いながら大学のジャズのサークルに所属しドラムをやっていました。とにかく練習がしたかったため。ギリギリまでバイトの時間を減らし、使えるお金も少なかったです。

 

今思うとあの時は本当に貧乏でした(笑)  お昼はカップラーメンかうどん屋で一番安かった、かけうどん。ポテトチップスとかの日もありました(笑)。

ご飯や飲みに誘わらてもお金がないため断る日が多かったです。

 

その分大好きなドラムをたくさん練習してどんどん上達していきました。ドラムをやっている時が楽しくて仕方なかったです。

 

今思うと一年前はものすごい貧乏で辛いこともありましたけど好きなドラムをたくさん叩けていたため今よりは全然幸せでした。

 

今はお金はありますが使う時間がないため学生時代はよかったなーと思うことが多いです。

 

3.時間を大切にしよう


f:id:harasiperc:20180615093242j:image

やはりこの世で一番貴重なものは時間だと思います。いくらお金があっても楽しい時間や幸せな時間がないとやはり楽しい人生は送れないとおもいます。

 

かと言っても貧乏すぎるのはもちろん不幸になります。払わないきゃいけないものがあるのに払えなかったり。ちゃんとしたご飯も食べれず身体を壊すこともあります。

 

なのでもしお金があるのに幸せじゃあないなと思う人は時間を作ってみてはいかがでしょうか?

 

職場の近くに住む、今より残業が少ない所に転職する。

 

こうすることでやりたいことをできる時間が増え楽しい人生に近づくのでないかと思います。

 

 

 

 

上達したいなら好きになろう!

 

みなさんは、もっと上手くなりたい!

もっとできるようになりたい!と思うことはありますか?恐らく部活動や会社に勤めてる人etc.....ほとんどの人があるとおもいます。

もちろん私もその1人です。

 

ではどうやったら上達するのでしょうか?

 

1.努力をただするだけではダメだった!!


f:id:harasiperc:20180611085517j:image

 

私は高校3年間そこそこに強豪な吹奏楽部に所属していて、パートはパーカッション(打楽器)でした。練習は毎日あって、休日の練習は朝から夜までやっていました。

もちろんそんな部活に入ってくるのは楽器が上手な人達ばかりで僕も置いてかれないようにたくさん練習しました

 

しかしたくさん練習しても先生には注意をうけるばかりで自分で上達した!となかなか実感できない…

 

こんなにやってるのになんでだろう…

と思い悩む日々が多かったです。

 

 

2.好きなものがみつかった


f:id:harasiperc:20180611085528j:image

そんなある時友達にbuddy rich、Chad Smith

など世界で有名なドラマーをたくさん教えてもらいました。その人達の演奏動画をみたらとにかく「すごい」「かっこいい!!」

ってこんな感じになりました、語彙力なくてすみません…(笑)

 

とにかく私はドラマー達の超絶プレイをみて感動せずにはいられなかったのです。

私はそこからドラムが好きになり色々なドラマーの動画をたくさんみました。

そうしていくうちに自分のなかで

もっとこの人みたいに叩けるようになりたい!

もっとこういう音をだしてみたい!!

この演奏かっこいい!まねしたい!

 

練習しなきゃ→こうしたい、やりたい!

 

に変わったのです。こうなったことでひとつひとつの練習に自分のなかで目標が出来てそれに向かって練習できるようになり、段々と自分が理想する演奏に近いていきました。

そして何よりも演奏や練習が楽しくて好きになりました。

 

3.楽しむ、好きを大事にする


f:id:harasiperc:20180611085540j:image

私はそこから曲を練習をする時はまず音源や上手な人達の演奏を聞いて、その曲の良さだったり感動する場面はどこかなどを見つけてその曲を好きになることを始めました。

そこからは上達のスピードがかなり上がりました。

 

これは部活動以外でも同じことです。勉強とか家事でも確かに面倒臭くて出来ればやりたくないと思うけど、まずそのイメージをすて強引にでもやりたいと思うようにする。そうすると案外腰が軽くなります(笑)

 

4.まとめ


f:id:harasiperc:20180611085547j:image

 私は努力していない人間なんかいないと思います。みんな目標はなくとも毎日頑張って生きています。それでももし結果がなかなか出ない人がでなかったらまず好きになることをしてみてください。そうするとでモチベーションが上がり努力+αの力が生まれます。

もしどうしても好きになれない、楽しくないと思うなら辞めてみるのもいいかもしれません。そしたらまたつぎに楽しいことが見つかり楽しい毎日がまっているかもしれません。